陽性者の対応(全数届出見直しに伴う大阪府の対応方針)

公開日 2022年09月26日

更新日 2022年09月26日

国の対策本部で決定された「Withコロナに向けた政策の考え方」に基づき、令和4年9月26日より全国一律で全数届出の見直しが行われました。

その考え方に基づき、大阪府では下記のとおりの対応が行われます。

■ 国方針に基づき、患者の発生届出の対象を「全数」から「4類型」に限定。

 ※4類型:(1)65歳以上の者、(2)入院を要する者、(3)治療が必要な重症化リスク者、(4)妊娠している者

■ 発生届出対象外の患者の情報を登録する「陽性者登録センター」と、登録者の支援に繋げる「自宅待機SOS」の機能を有した「健康フォローアップセンター」を新たに設置し、原則として自宅療養者への支援を継続。

 

今後は、新型コロナウイルス陽性となった場合、

上記4類型に当てはまる人 → 従来どおり医療機関で全数把握を行い、保健所よりSMSにより連絡あり

上記4類型に当てはまらない人 → 自ら陽性者登録センターにウェブ登録し、必要に応じて自宅待機SOSで支援を申込

 

療養期間につきましては、

症状のある方:発症日を0日とし、7日間の不要不急の外出自粛、10日間の自主的な感染予防行動の徹底。

症状のない方:検体採取日を0日とし、7日間の不要不急の外出自粛 ※5日目に抗原検査キットで陰性となった場合、6日目から療養解除。ただし、7日目までは自主的な感染予防行動の徹底。

 

詳細については下記のページをご覧ください

新型コロナウイルス感染症の陽性者となった場合の対応について(大阪府ホームページ)

全数届出見直しに伴う大阪府の対応方針(大阪府ホームページ)