交野市立教育文化会館内 交野市立歴史民俗資料展示室

公開日 2011年06月10日

更新日 2021年06月25日

 教育文化会館は、平成19年12月5日、国の登録文化財に登録されました。

 当館は、歴史的な町並みの残る倉治地区の一角にあります。

 その重厚なたたずまいは、周辺地区のシンボル的な建物としてながく親しまれています。

 館内に「歴史民俗資料展示室」が設置されており、交野市内の歴史や民俗に関する資料を見学することができます。

開館日時

 ※令和3年6月23日(水)より、開館を再開しました。

  ただし、2階展示室の見学と、ボランティアの展示解説は引き続き中止しています。

 毎月水曜日~日曜日(祝日を除く) 10時~17時。ただし入室は16時30分まで。
 展示解説ご希望の方には、ボランティアによる説明を受けることができます。(1階事務所にて受付します) 
 この他、小学校の総合学習等にご利用いただけます。

教育文化会館

 

現在開催中の企画展

 『交野市の文化財』(令和3年1月6日~9月26日 ※会期を延長しました)

 https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2021011300024/

 

現在開催中のスポット展

  『河内木綿と機織り』(令和3年6月23日~10月3日)

 

当館のあゆみ

  • 昭和  4年(1929) 交野無尽金融株式会社の社屋として建てられる。
  • 昭和17年(1942) 近畿無尽金融株式会社の新立合併に際し、金澤泰治社長より、交野町へ庁舎として寄贈される。
  • 昭和48年(1973) 庁舎移動に伴い、交野市立教育文化会館と改名し、文化的な活動施設として、利用される。
  • 平成12年(2000) 施設内に「民具のへや」を設ける。
  • 平成16年(2004) 交野市内の歴史を紹介する「交野市歴史民俗資料展示室」を新たに開設する。
  • 平成19年(2007) 国の登録有形文化財として登録される。

 

建物の概要

  •  建物面積 282.7平方メートル
  •  建物高さ 13.6m
  •  建物構造 鉄筋コンクリート2階建て 一部3階建て
  •  設計施工 橋倉覚平 (大林組)
old-life.jpg1階 ジオラマ DSCF01991.JPG2階 機織り教室 mingunoheya111.JPG2階 民具の部屋

 

アクセス

 所在地:交野市倉治6-9-21
 電話:(072)810-6667
 ファックス:(072)810-6665
 JR「津田駅」下車。京阪バス交野市駅行「南倉治」下車、徒歩1分。

 

地図

交野市歴史民俗資料展示室