令和元年度 交野市高齢者インフルエンザ予防接種

公開日 2019年09月25日

更新日 2019年11月14日

高齢者インフルエンザ予防接種が始まります

接種期間

令和元年10月15日(火)~令和2年1月31日(金)まで

休診等により接種終了日が異なりますので、直接医療機関へお問い合わせください。

流行に間に合うように、12月中旬までに受けることが望ましいです。

対象者

次のいずれかにあてはまる交野市民(交野市に住民登録されている)

(1)接種当日に満65歳以上の人

(2)接種当日満60~64歳で、障がい者手帳に心臓・腎臓もしくは呼吸器機能の障がい、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいで1級の記載がある人

接種費用

1,500円

※上記対象者のうち、生活保護世帯に属する人は、接種費用が免除されます。

※生活保護世帯に属する人は、接種時に生活保護受給者証を医療機関窓口に提示してください。

接種回数

1回(医師の指示により2回接種が必要な場合、1回は任意接種:全額自己負担となります。)

接種場所

交野市高齢者インフルエンザ予防接種 委託医療機関(下表)に直接予約してください。

持ち物

対象者(1)の人は、介護保険証など年齢が確認できるもの

対象者(2)の人は身体障がい者手帳

他市町村での接種

入院中など、やむを得ず下表の実施医療機関以外で接種される場合は事前に交野市健康増進課の窓口で接種依頼書の申請手続きが必要です。

費用について:依頼書を持参し接種した場合に限り、接種費用の一部(上限金額あり)を払い戻します。依頼書の申請がない場合は任意接種(全額自己負担)となり、市からの払い戻しはありません。

※郵送で申し込みの人は、記入済みの定期予防接種依頼書交付申請書と84円切手を貼付した返信用封筒(郵送先を記入)を同封してください。なお、接種医療機関など確認の連絡をさせていただくことがありますので、申請者の連絡先を忘れずに記入してください。

定期予防接種依頼書申請書[DOC:21KB]

定期予防接種依頼書申請書[PDF:142KB]

 

※インフルエンザ予防接種を受ける前に、下記の「インフルエンザ予防接種を受ける前に」をご覧ください。

交野市高齢者インフルエンザ予防接種 委託医療機関

病院・医院名

所在地

電話番号
交野病院 松塚39─1 891─0331
星田南病院 藤が尾3─5─1 891─3500
あおいクリニック 松塚1─1 891─3914
明石クリニック 星田8─1─9 892ー7137
腎泌尿器科あしだクリニック 私部西1─33─20 895ー5055
尼子医院 私市8─14ー3 891ー2050
大成整形外科 私部西1─8─1 892ー6280
大山医院 森北1─22─6 810─2553
おがわクリニック 私部西2─6─1 808ー6553
きただ整形外科リウマチクリニック 私部3─9─17 810ー5566
清田医院 星田西3─12─1 893ー7351
小菓医院 星田5─10─5 891ー2006
こさか内科クリニック 郡津4─39─13 888ー8661
小林診療所 星田5─15─15 893ー8484
さくらクリニック 幾野1─29─8 891ー5513
すぎもと皮フ科 私部西2─6─1 810-8881
多々内科クリニック 森南1─9─5 895ー2250
田中診療所 私部7─48─3 893ー8811
寺嶋・塚田こどもクリニック 天野が原町5─14─2 893ー3141
中村クリニック 私市5─1─5 892ー0455
西本内科医院 藤が尾3─16─2 810ー8522
野村医院 倉治3─50─1 891ー6100
はと産婦人科 藤が尾4─3─16 891ー4103
福森医院 松塚12─21 891ー4880
藤原産婦人科 梅が枝44─3 892ー0341
藤原皮フ科 森北1─22─6 894ー4112
藤の街クリニック 藤が尾4-3-15 892-9500
宝田クリニック 私部8─3─5 891ー3337
前谷クリニック 星田5─23─1 895ー2990
松木整形外科 郡津3─11ー1 891ー8400
松吉医院 天野が原町2─29─3 892ー7700
みやそう耳鼻咽喉科 私部西1─33─25 893ー3876
山添医院 私部1─16─13 891ー1025
山本整形外科 森北1─37─6 894ー0102

令和元年11月12日現在

インフルエンザ予防接種を受ける前に

インフルエンザの有効性

インフルエンザ予防接種の有効性は、65歳以上の健常な高齢者について、約80%の死亡を阻止する効果があったと報告されています。

インフルエンザワクチンは十分な効果を維持する期間は接種後2週間から約5ヶ月とされています。

インフルエンザは過去の発生状況から考えて、一般的に10月下旬より12月中旬頃に行われるのが望ましいとされています。

インフルエンザ予防接種の副反応

副反応

全身症状:まれに発熱・悪寒・頭痛・倦怠感などが起こることがあります。

局所症状:まれに注射の後が赤く腫れたり、赤みを帯びたり、痛くなることがあります。いずれも2~3日以内に消失します。

非常にまれにおこる重大な副反応

接種30分以内におきるショックや症状(じんましん、呼吸困難、血管浮腫等)が起きることがあり、その他にはギランバレー症候群、けいれん、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、肝機能障害、喘息発作、紫斑等があります。

接種対象者

インフルエンザ予防接種は対象者が接種を希望する場合にのみ接種が行われます。よって、接種を受ける本人に麻痺などがあって、本人による予診票および同意書への記入ができない場合には家族による代筆が可能です。また、認知症状があり、正確な確認が難しい場合等には、家族やかかりつけ医の協力によって対象者本人の意志を慎重に確認した上での接種となります。

予防接種を受ける前に

(1) 接種ができない方

  • 接種当日の体温が37.5℃以上の場合
  • 重篤な急性疾患にかかっている方
  • インフルエンザ予防接種に含まれる成分でアナフィラキシーショックを起こしたことがある方
  • インフルエンザの予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた方
  • 全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈した方
  • 他の予防接種を受けてから規定の期間が過ぎていない方(医師が認めた場合には同時接種することができます。)
  • その他、当日診察によって接種できないと判断された場合

(2) 接種に注意が必要な方・・・接種前に医師とよく相談してください。

  • 慢性疾患や先天性疾患のある方、けいれんを起こしたことのある方、免疫機能の異常を指摘されたことのある方
  • 鶏卵アレルギーのある方(インフルエンザワクチンには微量の鶏卵成分が含まれています)
  • 気になることや分からないことがあれば、必ず接種する前に確認してください。(十分に納得できない場合には接種を受けないでください。

予防接種を受けた後の一般的注意事項

(1)ワクチン接種後24時間は副反応の出現に注意し、特に接種直後の30分以内は健康状態の変化に注意してください。

(2)予防接種当日の入浴は接種後1時間経過すれば可能です。注射した部位をこすらないようにしましょう。

(3)接種後は、接種部位を清潔に保ち、激しい運動や大量の飲酒は接種後24時間は避けるようにしましょう。

(4)予防接種済証は大切に保管しておいてください。

(5)このワクチン接種後、別のワクチンを接種する場合は、接種した日の翌日から6日以上の間隔が必要です。

 

予防接種健康被害救済制度について

 受けた予防接種ワクチンの種類によっては、けいれん、肝機能障害及び急性散在性脳脊髄炎などの重い副反応が生じることがあります。このような場合、予防接種法に基づく救済制度があります。

 

この記事に関するお問い合わせ

健康増進課
住所:〒576-0034 大阪府交野市天野が原町5丁目5番1号
TEL:072-893-6405(直通)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード