【交野八景】星の森の寒月

公開日 2018年03月14日

更新日 2018年03月20日

星の森の寒月(ほしのもりのかんげつ)

弘法大師が、獅子窟寺の岩屋で秘宝を唱えると、北斗七星が輝き、星田地区の三か所に八丁(約880m)ずつ等間隔に星が降ったという「八丁三所」伝説が残っています。星の森はその一つです。

 

交野八景とは

長い歴史と豊かな自然の中から生まれ、育まれた名所・旧跡「交野八景」。
まちの歴史を大切に保存し、将来に伝えるため、昭和56年に市民の投票によって選ばれました。
自然豊かな本市を象徴する、シンボル的な景観となっています。

地図

星の森の寒月

この記事に関するお問い合わせ

秘書広報課 広報担当
TEL:072-892-0121