火災に関するページ (ver2-9)

公開日 2019年09月30日

更新日 2020年09月16日

*ここでは火災が発生した場合の対応や、火災を起こさないために過去に発生した火災から学ぶ火災事例などを紹介しています* (警備課調査係)

 

1.お知らせ(リコール情報)

電動アシスト自転車用バッテリーパックのリコールについて[PDF:159KB]

2.火災が発生したら

火災が発生した時の3原則

3.火災を起こさないために

 *エアゾール製品やカセットボンベの廃棄は、穴をあけずに中身を使い切ってから、缶・ビン・乾電池のごみ収集の日に出してください。*

エアゾール製品及びカセットボンベの廃棄時の火災危険

 *エアゾール式スプレー缶の使用方法に十分注意してください。*

スプレー缶による事故に注意してください

 *誰もが使用するコンセントや電源のコードの使い方に気をつけましょう。使用方法を誤れば火災になることがあります。*

コンセントの取り扱いによる火災危険

電源コードの取り扱いによる火災危険

あなたのモバイルバッテリーは大丈夫!?

4.火災事例

充電中のスマートフォンによる火災危険

エンジンオイル劣化による火災危険

ガスコンロによる火災危険

調理中の天ぷら油による火災危険

燃焼器具による火災危険

ヘッドドライヤーからの火災危険

たばこの不始末からの火災危険

着衣着火の火災危険


5.その他

 

 

この記事に関するお問い合わせ

消防本部 警備課
TEL:072-892-0013(直通)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード