避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

公開日 2020年06月01日

更新日 2020年06月01日

これから出水期を迎えるにあたり、大雨による土砂災害や台風に対応するため、避難所を開設する場合があります。

新型コロナウイルス感染症が収束しない場合には、避難所での感染拡大を防止するため、様々な対策を講じる必要があります。

交野市でも新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、避難所において対策を講じる予定ですが、市民の皆様にも下記の点につきまして、あらかじめご協力をお願いいたします。

 

1.危険性の再確認

避難とは「難」を「避」けることです。

土砂災害(特別)警戒区域や浸水想定区域の中にお住まいの方は避難することが原則です。

安全な場所にいる人まで避難場所に行く必要はありません。

再度お住まいの場所がどのような危険性があるかを確認しましょう。

土砂災害警戒区域

内水浸水想定区域

洪水浸水想定区域(大阪府ホームページ)

 

2.避難先の検討

避難先は市が開設する避難所だけではありません。安全な場所にある親戚や知人宅に避難することも検討してください。

 

3.物資の準備

避難所では交野市でも体温計や消毒液等を準備しますが、大勢の方が避難された場合、物資が不足する可能性があります。

そのためマスク・消毒液・体温計等自分で使用するものはできる限り持参していただきますようお願いします。

 

4.避難所の確認

三密の状態を避けるため、急遽追加の避難所を開設する可能性があります。

市から発信する情報について、交野市のホームページ等で積極的な情報収集をお願いします。

おおさか防災ネット

防災行政無線

Yahoo!防災速報

 

5.車中泊による避難

豪雨時の屋外の移動は車も含めて危険です。やむを得ず車中泊する場合は、浸水しない場所かどうか確認しましょう。

 

知っておくべき5つのポイント[PDF:802KB]

この記事に関するお問い合わせ

危機管理室 安心安全担当
TEL:072-892-0121

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード