障がい福祉サービス事業所に対する特別支援金(第2弾)の支給について

公開日 2021年04月02日

更新日 2021年04月05日

コロナ禍で厳しい経営環境が長引く中、2度目の緊急事態宣言期間中においても、

障がい者(児)の生活に必要なサービスを提供するため、感染防止対策を講じた上で

サービス提供を継続していただいた事業者への支援を目的に、特別支援金(第2弾)

を支給します。

 

支給対象

2度目の緊急事態宣言期間中(令和3年1月14日から2月27日)においてもサービス

提供を継続しており、交野市内に事業所を有する障がい福祉サービス事業者(※1)

なお、令和3年1月時点で市内に所在が確認できている事業者(事業所)には、通知及

び申請書を送付しています。

※令和3年3月時点で閉鎖している事業所(サービス停止を含む)は対象外とします。

 

支給金額

サービス種別ごとに一律10万円

 

申請方法

申請書に必要事項を記載のうえ、郵送にて提出

支援金支給申請書[PDF:121KB]

 

複数のサービスを提供している法人(事業者)は、原則取りまとめのうえ、法人

(事業者)から申請してください。

 

支給方法

申請書に記載の銀行口座へ直接振り込みます。なお、振込日については、後日

送付する『支給決定のお知らせ』にてお知らせします。

 

※書類に不備があった場合は、支給が遅れることがあります。

 

その他

本特別支援金は事業所得として課税対象となります。

ただし必ずしも税負担が生じるわけではありません。詳しくは税務署にお問い合

わせください。

 

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ

障がい福祉課
TEL:072-893-6400

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード