高齢運転者の交通安全について

公開日 2021年08月13日

更新日 2021年08月13日

高齢運転者は自動車の運転のベテランです。しかし、加齢に伴い視野障がいや筋力の衰えなど、身体機能が低下していくため、運転時の操作ミスが起こりやすくなり、交通事故を引き起こす可能性が高まります。

大阪府下において、交通事故全体の件数は近年減少しているものの、高齢運転者による事故は減少率が少なく、全件数に占める割合は年々増加傾向にあります。
大阪府下における高齢運転者による交通事故発生状況と特徴[PDF:263KB]

「運転中にヒヤリとすることが多くなった。」「家族や医師から運転を心配されている。」 運転等に関して気になることがある方は、下記のチェックリスト等をご参照頂き、運転免許証の自主返納についてご検討ください。
運転時認知障害早期発見チェックリスト30[PDF:324KB]

運転免許証の自主返納と運転経歴証明書について

運転免許証を自主返納したいという方は、大阪府内の警察署等で運転免許証を返納することができます。
また、運転免許証を返納された方または、失効してから5年以内の方は、運転経歴証明書の申請・交付を受けることができます。(交付手数料は1,100円)
※運転経歴証明書は、公的な身分証明書として生涯使用できます。
運転免許証の自主返納と運転経歴証明書について[PDF:443KB]

お問い合わせについては、最寄りの警察署または、大阪府警察本部交通部運転免許課高齢者等支援室のホームページをご確認ください。

高齢者運転免許自主返納サポート制度

運転免許証を自主返納し、運転経歴証明書の交付を受けた大阪府在住の65歳以上の方が、サポート企業・店舗において運転経歴証明書を提示することにより、様々な特典を受けることができるものです。
詳しくは大阪府高齢者運転免許自主返納サポート制度についてをご確認ください。

サポカー補助金

高齢者の交通事故防止対策の一環として、対歩行者衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い 急発進抑制装置を搭載する車の購入、及び後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置等の購入 等を支援する制度です。サポカー補助について[PDF:985KB]
詳しくは一般社団法人次世代自動車振興センターホームページをご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ

危機管理室 安心安全担当
TEL:072-892-0121

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード